伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

肺の経絡、蔵象

流注
起于中焦、下絡大腸、還循胃口、上膈属肺。従肺系横出腋下、下循臑内、行少陰心主之前、下肘中、循臂内上骨下廉、入寸口、上魚、循魚際、出大指之端。其支者、従腕後直出次指内廉、出其端。

経脈病証
是動則病肺脹満、膨膨而喘欬、缺盆中痛、甚則交両手而瞀。此為臂厥。
是主肺所生病者、欬上気喘渇、煩心、胸満、臑臂内前廉痛厥、掌中熱。気盛有余、則肩背痛、風寒、汗出中風、小便数而欠。気虚則肩背痛寒、少気不足以息、溺色変。為此諸病、盛則写之、虚則補之、熱則疾之、寒則留之、陥下則灸之、不盛不虚、以経取之。盛者寸口大三倍于人迎、虚者則寸口反小于人迎也

経別
手太陰之正、別入淵腋少陰之前、入走肺、散之大腸、上出缺盆、循喉嚨、復合陽明。此六合也。

絡脉
手太陰之別、名曰列缺。起于腕上分間、並太陰之経、直入掌中、散入于魚際。其病実則手鋭掌熱。虚則欠、小便遺数。取之去腕一寸半、別走陽明也。

経筋
手太陰之筋、起于大指之上、循指上行、結于魚後、行寸口外側、上循臂、結肘中、上臑内廉、入腋下、出缺盆、結肩前髃、上結缺盆、下結胸裏、散貫賁、合賁下、抵季脇。其病当所過者支転筋痛、甚成息賁、脇急吐血。治在燔鍼劫刺、以知為数、以痛為輸、名曰仲冬痺也。

経皮
太陰之陰、名曰関蟄。上下同法、視其部中有浮絡者、皆太陰之絡也。絡盛則入客於経。

素問 霊蘭秘典論篇 第八
肺者相傅之官。治節出焉。

素問 陰陽應象大論篇 第五
西方生燥。燥生金、金生辛、辛生肺、肺生皮毛、皮毛生腎。肺主鼻、 其在天為燥、在地為金、在体為皮毛、在蔵為肺、在色為白、在音為商、在声為哭、在変動為咳、在竅為鼻、在味為辛、在志為憂。憂傷肺、喜勝憂。熱傷皮毛、寒勝熱。辛傷皮毛、苦勝辛。

素問 蔵気法時論篇 第二十二
肺色白、宜食苦。麦、羊肉、杏、薤皆苦。肺蔵魄

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。