伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手太陰肺経

手の太陰肺経                     

流注
手の太陰の脈は中焦(中脘)に起り、下つて大腸を絡い、還つて胃口を循り、膈に上つて肺に属す。肺系より横に腋下(中府・雲門)に出で、下つて臑内(天府・侠白)を循り、少陰(心経)心主(心包経)の前を行き、肘中(尺沢)に下り、臂内(孔最)を循り骨の下廉(列欠)に上つて、寸口(経渠・太淵)に入り、魚(拇指球)に上りて魚際を循り、大指の端(少商)に出ず。其の支なる者は腕後(列欠)より直ちに次指の内廉に出で、其の端に出ず。

是動ずれば則ち病
肺脹滿し膨膨として.喘咳し.缺盆中痛み.甚しければ則ち兩手を交て瞀(ぼう)す。此を臂厥(ひけつ)と爲す。

是肺を主として生ずる所の病
欬嗽し上氣し喘渇し.煩心し胸滿し.臑臂の内(ひない)の前廉痛み.掌中熱す。氣盛に有餘する時.肩背痛み.風寒汗出風に中らる。小便數にして欠す。氣虚せば.則ち肩背痛み寒.少氣にして息するに足ず。溺色變ず。此諸病を爲す。

中府 鎖骨の下1寸、前正中線の外側6寸
雲門 巨骨の下、気戸の傍を挟むこと2寸、陥中にあり。動脉手に応ず。ヒジ(臂)を挙げて之を取る。
天府 腋下3寸、臑内廉、動脉の中にあり。
目の前にまっすぐに伸ばした患者の腕を、高く持ち上げ、鼻先と上腕がくっつく所を経穴とした。
侠白 天府の下、ヒジ(肘)を去ること5寸、動脉の中にあり。
“乳頭に墨で印をつけておき、乳を挟むように、上腕を胸の前で交差させ乳頭に押しつける、墨がついた所が経穴である”
尺沢 肘窩横紋の中央からやや外側、上腕二頭筋腱の橈側
孔最 前腕の橈側、手関節横紋の上7寸
列缺 橈骨茎状突起の上方、手関節横紋の上方へ1.5寸で、両手の母指と示指とを交叉したとき、示指の先端が触れるところの凹陥部
経渠 橈骨茎状突起の内縁で、手関節横紋(太淵穴)の直下1寸のところ
太淵 手関節前面横紋の橈側端の陥凹部で、橈骨動脈拍動部にとる
魚際 母指中手骨の中央で、手掌と手背皮膚の境にとる
少商 母指橈側爪甲根部その角を去ること1分にとる

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。