伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

隂維脈

隂維脈


陰維起于諸陰之交、其脈発于足少陰築賓穴、為陰維新之郄、在内踝上五寸腨肉分中、上循股内廉、上行入少腹、会足太陰、厥陰、少陰、陽明于府舎、上会足太陰于大横、腹哀、循環脇肋会足厥陰于期門、上胸膈挟咽、与任脈会于天突、廉泉、上至頂前而終。凡一十四穴。

足少陰腎経の築賓穴に始まり、下肢内側に沿って上行して小腹に入り、胸肋胸腔を通過して咽部に至る。
本経の有病時に胸痛・心痛・胃痛など陰経裏証の症状が現れる。

陽維、陰維者、維絡于身、溢蓄不能環流灌漑諸経。故陽維起于諸陽会也、陰維起于諸陰交也。

「陰維の病為るや心痛に苦しむ」陰維は陰を紺き、一身の裏を主るので、」丁錦は、「陰維の脈は陰を維ぎ絡う。陰は営であって裏を主る。営は血に属し心を主る。そこで邪を受けて病となると必ず心痛に苦しむ」と述べている。

陰維為病苦心痛、治在三陰之交。太陰証則理中湯、少陰証四逆湯、厥陰証則当帰四逆湯、呉茱萸湯主之。

寸口脈、従少陽斜至厥陰、是隂維脈也。動苦僵仆、羊鳴。又苦僵仆、失音、肌肉痺痒、応時自発汗出、悪風、身洗洗然也。取陽白、金門、僕参。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。