伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

顔面診断

顔面には様々な病証が判断できる
刺熱篇(『素問』第三十二)
五臓の熱を診る
肝の熱病は、左の頬が先ず赤くなる。
心の熱病は、額が先ず赤くなる。
脾の熱病は、鼻が先ず赤くなる。
肺の熱病は、右の頬が先ず赤くなる。
腎の熱病は、頤が先ず赤くなる。

風論篇(『素問』第四十二)
五臓の風を診る
肺風→眉の上が白い
肝風→目の下が青い
心風→口が赤い
脾風→鼻の上が黄色い
腎風→皮膚が黒い

邪気蔵府病形篇(『霊枢』第四)
上半身と下半身の風邪と湿邪を診る

様々な診断のことが古典に在り、これを臨床で使う必要あり。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する