伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

不妊症

不妊症とは、結婚後正常な夫婦生活があって、ある一定期間を経ても子宝に恵まれないことをいい、不妊期間が結婚後2年以上をいいます。原因として排卵、卵管着床などの因子が関与します。不妊期間が2年以上続いた場合、一度専門医と相談して下さい。
東洋医学では、不妊症を「不孕」「無子」「全不産」といい、さまざまな病院でおきると考えています。中でも腎気の不足による不孕、気血による不孕、肝気のうっ結による不孕がツボ療法の対象になります。
⑴腎気の不足による不孕
虚弱体質で腎気が不足し、衝脈・任脈が虚して受精できないために不孕になります。「婦人の無子なるゆえんは、衝任不足により、腎気虚寒するゆえなり」と記されています。月経周期の遅延 あるいは無月経、下腹の冷え、腰や足のだるさなどの症状を伴います。
ツボ療法は腎気を補い、衝脈・任脈の機能が回復することを目的にツボを選びます。

⑵気血の不足による不孕
多くは脾胃の機能が低下しているために気血の生成が悪く、気血の不足をまねき、衝脈・任脈が虚して受精できないために不孕になります。顏色がない、痩せている、脱力感、めまいなどの症状を伴っています。
ツボ療法は気血の不足を補うことを目的にツボを選びます。

⑶肝気のうっ結による不孕
気分がうっ積し、気の流れが停滞して衝脈・任脈に気血が流れなくなり、その結果受精できないために不孕になります。月経周期は一定せず、イライラ、怒りっぽくなるなどの症状を伴っています。
ツボ療法は肝気の停滞を解消し、衝脈・任脈に気血が流れるようにすることを目的にツボを選びます。

結局、重要なのは身体を冷やさなくして温めることが必要です。そして、楽しく一日を過ごすことです。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する