伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

発疹

発疹は皮膚にでき、目で見、手でさわることのできる病変で、多くの急性、慢性疾患に現れます。例えば伝染病、感染性疾患によく見られ、また内科疾患、皮膚科疾患にもみられます。
中医学ではこの発疹は、肺や衛気と密接な関係があると考えられています。肺は皮毛に合しており、衛気は体表をめぐっているからです。
◆病因病機
 発疹は、主として風・寒・湿・熱の邪が皮膚に留まるか、もともと胃腸に積熱のあるところに、かさねて風邪に感じ、これが皮膚表面に停滞することによって引き起こされます。
また体質や異物との接触とも関係があります。
東洋医学では発疹は主に次の五つの原因から起こります。
①熱さが原因となる発疹
②寒さが原因となる発疹
③飮食不節による発疹
④接触による発疹
⑤気血虚損による発疹
発疹になりにくい健康な皮膚を作るためには、まず全身の栄養状態を良くすること、胃腸の調子を整えること、睡眠を十分にとることなどがあげられますが、栄養面に気をつけることは非常に大切です。

・わらびのしのだ煮
◆材料(6人前)
わらび…2束(もどしたぜんまいでも)
油揚げ…3枚
八方だし(材料:だし…1.5カップ、みりん…大さじ2、しょうゆ…大さじ1、塩…小さじ1/4
みりんのかわりに砂糖大さじ1でもよい。好みにより、分量の割合を加減する。)…2カップ
◆作り方
①わらびの早生の新芽は、木灰をふり、熱湯をさしてさめるまで落としぶたをしておく。晩生の軸太のわらびは、灰水を煮立てたなべに入れてゆで、いずれも3時間くらい水にさらします。
②流水で木灰を洗い流し、清水を入れたバケツにしばらく浸しておく。
③水が変色しなくなるまで、2~3回水を取り替える。
④あく抜きしたわらびを下3cmくらいは固いので切りすてる。
⑤油揚げは三方を切って開き、2枚に切り、熱湯をかけて油抜きし、水で洗って軽くしぼる。
⑥油揚げを裏表にしておき、6等分したわらびをおいて、くるくると巻き、さいた竹の皮で3ヶ所ほどゆわく。
⑦八方だしを入れたなべに⑥を並べ、中火にかけて煮ふくめる。
*わらびは香気が大切なので煮すぎると失われるので注意する。
わらび:効能…暴熱(ボウネツ;盛んな高熱)を取去り、水道を利し(余分な水分を体外に排出する)、睡眠がとれるようにする。五臓の不足を補って、気が経絡や筋骨の間に壅(ふさがり)、毒気を持つのを防ぐ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。