伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

体を動かし、日光にあたろう

筋肉は使わないと弱くなりますが、骨も同じです。宇宙飛行士は、運動せずに無重力状態におかれるため、骨からカルシウムが抜け出してしまうことがわかっています。
運動は、骨へのカルシウムの沈着を促します。ゲートボールとまでいかなくても、散歩でもよく、ともかく体を動かすことです。寝たきりの人は、手足をぐるぐる回すなどして動かして下さい。自分で動かせなかったら、家族の人に手伝ってもらい、骨を少しでも動かしましょう。少々痛くても、がまんして骨を使うことが重要です。
また紫外線にあたることは、ビタミンDをつくるうえで必要です。家にこもりがちのお年寄りは日光不足です。せめて1時間は日にあたってほしいものです。日当たりのわるい部屋で寝たきりのお年寄りは、つとめてビタミンDの多い食品、たとえばマグロの脂身、イワシ、カツオ、ブリ、サンマ、サバ、レバー、卵黄、バター、さつま揚げ、つみれなどをとりましょう。カルシウムをとっても、骨を動かさなければ吸収されない。痛くても動かすことが大事です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する