伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冷え症

●冷え症
西洋医学の考えでは冷え性と呼ばれ、性質として捉えられています。東洋医学的には症状として冷え症と捉えています。
東洋医学では冷え症の原因と思われるのは、まず貧血など血液が少ないことや、うっ血による血の巡りの悪さによるもの、体内の水分の停滞によるもの、身体の全体的な元気がなくなり新陳代謝が低下してなるものなどがあります。
冷え症を治すには、日頃から自律神経の働きをよくし、血液循環や新陳代謝を活発にするような生活を心がけて体質を改善するようにしましょう。
そのためには、積極的に身体を動かすことや、バランスのとれた食事、規則正しい生活をすごすことがよいと思われます。食事には、根菜類を主に摂るといいでしょう。根菜類などの地面の中にあるものほど、身体を温めます。

●豚肉とゴボウのみそ煮
 ゴボウ・・・・・・・・・2本
 こんにゃく・・・・・・・1枚
 豚肉(こま切れ)・・200g
 ショウガ・・・・・・・・1片
 酢・・・・・・・・・・・適量
 酒・・・・・・・・・・大さじ2
 煮込み用酒・・・・・1/4カップ
 砂糖・・・・・・・・・大さじ3
 赤みそ        大さじ3
《作り方》
①ゴボウはよく洗い、包丁の背で皮をこそげみき、乱切りにして酢水に漬ける。
②こんにやくはひと口大にちぎり、ゆでておく。豚肉は酒をからめておく。
③鍋に水2カップ、ゴボウ、ショウガの薄切りを入れ手、30~40分蓋をして煮る。
④豚肉を加え、アクをていねいに取り、こんにゃくを加える。酒を加え、10分煮て、砂糖、赤みそとそれぞれ10分ほど煮てから順々に調味料を入れ、ゴボウが充分に柔らかくなったら蓋を取り、汁がなくなるまで煮きる。

《効用》
・豚肉はビタミンB₁が豊富で炭水化物をエネルギーに変えるために欠かせない存在です。内臓を丈夫にし、肌に潤いを与え、便秘やせきにいいでしょう。豚足は、中国では足腰の強化によいといわれています。
・ゴボウは食物繊維をもっとも多く含む野菜です。
血行を良くして五藏六府の老廃物を除き、身体を温め、解熱・発汗・利尿作用があります。
また体内の毒素を除き、喉の腫れ、痛みを解消します。
しかし、ゴボウは消化しにくいので、胃腸が強くない方はなるべくよく噛んで食べて下さい。
・しょうがは寒氣を追い払い、風邪に効果があり、肺の機能を高め、咳を止めます。
また、胃腸を温め、イチョウの冷えを伴った嘔吐を止め、食物の生臭さを除き、毒を溶かします。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。