伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

年末年始

年末年始の診療のご案内をさせていただきます

年内は日、祝日は通常通りお休みです。

最終日は12月30日となっております。

年明けは1月4日金曜日からとなっております。

31日~3はお休みをいただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

PageTop

関西漢法苞徳之会勉強会

7月例会
第10期 関西漢法苞徳之会勉強会
とき:平成27年7月26日(日曜日)第4日曜
am9:30~pm5:00
場所:森之宮医療学園専門学校(06-6976-6889)
   大阪市東成区中本4-1-8
   JR環状線地下鉄鶴見緑地線「森ノ宮」駅下車徒歩12分
7例会内容
●午前の部
古典:霊枢
基礎:経絡について(稲垣)
講座:運気七篇講座(中)
●午後の部
講座:運気の基礎と臨床(利川)
質問会:臨床質問会
実技:基礎:現代鍼法17手技他
   臨床:杉山眞傳流18手技他
講座:宋板傷寒論講座(福井)
◎聴講制度について
聴講参加は2回までとし、3回目以降の受講は入会の必要があります
実技は見学のみとなります
・学生:¥3,000で2回の聴講が可能(1回当たり¥1,500)
・一般:1回¥2,500で2回まで聴講可能
◎入会制度について
・学生会員:入会金¥10,000+¥3,000/日
・一般会員:入会金¥10,000・年会費¥10,000
 全講座一括受講の場合¥5,000/日、単講座受講の場合@3,000
*本会の講義は全て個人の録音を禁止しています
~苞徳之会趣旨~
私たちはともに研鑽を重て、
* 臨床カンファレンスのできる力を養おう
* 伝承技術を正しく継承し発展させよう
* 漢法医学に基づく基礎の確かな臨床家になろう
* 古典の確かな読解力を身につけよう
* 広い心と視野とで種々の臨床的手法を把握しよう
以上の5項目を実践し
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな> <医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

PageTop

関西漢法苞徳之会

5月例会のご案内
第10期 関西漢法苞徳之会勉強会
とき:平成27年5月24日(日曜日)第4日曜
am9:30~pm5:00
場所:森之宮医療学園専門学校(06-6976-6889)
   大阪市東成区中本4-1-8
   JR環状線地下鉄鶴見緑地線「森ノ宮」駅下車徒歩12分



●午前の部
am9:30~am10:00 
霊枢輪読会 

am10:15~am11:00 
古典医学基礎講座 
「運気基礎Ⅰ」  (三好孝範)
    
am11:05~pm12:05 
「運気七篇講座」   (中雅哉)

●午後の部
pm12:45~pm14:00 
運気の基礎と臨床
~三之気について~(利川鉄漢)

pm14:05~pm14:35 
臨床質問会 (山口浩一)

pm14:35~pm15:30 
実技
基礎科:現代鍼法17手技
     臍傍診ほか
臨床科:杉山眞傳流基本18手技
     随鍼術ほか

●講座
pm15:35~pm16:55 
宋板傷寒論講座 
~傷寒例第三つづき~ (福井仁照)
テキストP61、1行目「九月十月寒気~」より

1604781_778924652185459_3461592601496704331_n.jpg

◎聴講制度について
聴講参加は2回までとし、3回目以降の受講は入会の必要があります
実技は見学のみとなります
・学生:¥3,000で2回の聴講が可能(1回当たり¥1,500)
・一般:1回¥2,500で2回まで聴講可能

◎入会制度について
・学生会員:入会金¥10,000+¥3,000/日
・一般会員:入会金¥10,000・年会費¥10,000
 全講座一括受講の場合¥5,000/日、単講座受講の場合@3,000

*本会の講義は全て個人の録音を禁止しています

~苞徳之会趣旨~
私たちはともに研鑽を重て、
* 臨床カンファレンスのできる力を養おう
* 伝承技術を正しく継承し発展させよう
* 漢法医学に基づく基礎の確かな臨床家になろう
* 古典の確かな読解力を身につけよう
* 広い心と視野とで種々の臨床的手法を把握しよう
以上の5項目を実践し
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな> <医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

PageTop

年末年始

年末年始の診療のご案内をさせていただきます

年内は日、祝日は通常通りお休みです。

最終日は12月31日の午前となっております。

年明けは1月5日月曜日からとなっております。

31日の午後~4日はお休みをいただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

PageTop

関西漢法苞徳之会勉強会

9月例会のご案内
第9期 
とき:平成26年9月28日(日曜日)第4日曜
am10:00~pm5:00
場所:森之宮医療学園専門学校(06-6976-6889)
  大阪市東成区中本4-1-8
  JR環状線地下鉄鶴見緑地線「森ノ宮」駅下車徒歩12分

旧ブログはコチラ→ココ

●午前の部
am10:15~am11:00
①古典医学基礎講座
       「診法」Ⅳ~腹診について
                 (大西宏治)

②臨床質問会  (山口浩一)

am11:00~pm12:00
「難経の歴史Ⅱ」 
           (中雅哉)

●午後の部
pm12:45~pm14:15
運気の基礎と臨床Ⅹ
~五之気:秋燥について~
八木素萌先生:黄帝内経抜粋臨床解説 (利川鉄漢)

pm14:15~pm15:30
●実技
~基礎実技~
現代針法十七手技の臨床用法
杉山真傳流18手技        

~臨床研究科~
秋分以降の治療について

●講座
pm15:30~pm17:00
難経集註: 四十八難・四十九難
                  (福井仁照)


聴講制度について
聴講参加は2回までとし、実技は見学のみとなります
また、3回目以降の受講を希望される場合は入会していただく必要があります
・学生:¥3,000で2回の聴講が可能(1回当たり¥1,500)
・一般:1回¥2,500で2回まで聴講可能


入会制度について
学生会員:入会金¥10,000+¥3,000/日
一般会員:入会金¥10,000・年会費¥10,000
全講座一括受講の場合¥5,000/日、単講座受講の場合@3,000


*本会の講義は全て個人の録音を禁止しています


~苞徳之会趣旨~

私たちはともに研鑽を重て、
* 臨床カンファレンスのできる力を養おう
* 伝承技術を正しく継承し発展させよう
* 漢法医学に基づく基礎の確かな臨床家になろう
* 古典の確かな読解力を身につけよう
* 広い心と視野とで種々の臨床的手法を把握しよう
以上の5項目を実践し
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな>
<医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

PageTop