伊藤はり灸院 快成堂 難治性の病を中心に扱っています  大阪 吹田市 江坂 豊津   

治療効果と回数

●治療効果と治療回数について
 鍼灸治療の効果は発症して日の浅い病気ほど早く治ります。一回の治療で激しい症状がピタリと軽減することがしばしばありますが慢性症状になりますと気長に続けなければ治りません。治療は毎日続けた方が効果的ですが症状により一日おき二日おき又は一週間に一回程度で快癒してゆく場合もありますから指示通りご来院下さい。

PageTop

季節

霜降(そうこう)
10月23日頃(2017年は10月23日)~11月6日。

秋が深まり、朝晩の冷えが厳しくなります。

十三夜では、月が十五夜の次に美しいと言われています。

どんぐりは、生き物のとって秋から冬にかけての重要な食料です。

この頃から冬支度を始めましょう。

PageTop

関西漢法苞徳之会

平成29年9月24日(日曜日)第4日曜

9:30~10:00 霊枢輪読会(有志参加)
10:00~10:30 会務報告
10:30~11:30 基礎科教科:陰陽五行論2(稲垣先生)
11:35~12:35 臨床科教科:医学史1(中先生)

13:15~13:35 質問座談会/テキスト会議
13:35~14:35 基礎実技:現代鍼法17手技振顫術(震顫術)
       臨床科Ⅰ:杉山真伝流18手技 随鍼術
臨床科Ⅱ:九鍼:大鍼
14:45~15:45 臨床講座:苞徳システム論3「補瀉虚実判断論」(利川先生)
15:55~16:55 古典臨床科:難経集註3(福井先生)

◎聴講制度について
聴講参加は2回までとし、3回目以降の受講は入会の必要があります。
実技は見学のみとなります。
・学生:¥2,000で2回の聴講が可能(1回当たり¥1,000)
・一般:¥3,000/回で2回まで聴講可能

◎入会制度について
・学生会員:入会金・年会費免除 ¥3,000/日
・一般会員:入会金¥10,000・年会費¥10,000
 全講座一括受講の場合¥5,000/日、単講座受講の場合@3,000

※本会の講義は全て個人の録音を禁止しています

PageTop

関西漢法苞徳之会

平成29年8月27日(日曜日)第4日曜
9:30~10:00 霊枢輪読会(有志参加)
10:00~11:00 テキスト制作委員会
創刊の言葉:福井先生
関西漢法苞徳之会のあゆみ:利川先生
今何故、八木素萌か:利川先生
基礎講座「蔵象論」:大西先生
     治療「寒熱の治療」:福井先生
《活動報告》鍼灸フェスタに参加して:中先生
11:05~11:35会務報告
11:35~12:35基礎講座:病因論1(伊藤先生)
13:15~13:35 質問座談会/テキスト会議
13:35~14:35 基礎実技:現代鍼法17手技 屋漏術(歇啄術)
       臨床科Ⅰ:杉山真伝流18手技 雀啄術
臨床科Ⅱ:九鍼:員利鍼・打鍼
14:45~15:45 臨床講座:運気と温病3(利川先生)
15:55~16:55古典臨床:宋板傷寒論と実践本草経3(福井先生)
◎聴講制度について
聴講参加は2回までとし、3回目以降の受講は入会の必要があります。
実技は見学のみとなります。
・学生:¥2,000で2回の聴講が可能(1回当たり¥1,000)
・一般:¥3,000/回で2回まで聴講可能
◎入会制度について
・学生会員:入会金・年会費免除 ¥3,000/日
・一般会員:入会金¥10,000・年会費¥10,000
 全講座一括受講の場合¥5,000/日、単講座受講の場合@3,000

PageTop

運気 四之気

2017/7/21~9/20(大暑~秋分)
四之気  冷たい雨が降り、病気になれば、突然倒れ、寒気がして震え、意識がかすんで、うわごとを言い、息が微かになり、のどが渇き、飲み物が欲しくなリます。また心臓が痛み、腫れもの・できものができ、寒性の瘧病にかかり、骨が軟化して力が抜けたり、大小便に血が雑ったりする疾患にかかります。(『素問』六元正紀大論 東洋学術出版より)

PageTop